ライバル急増!🏡☞どんどん増えて~

 前からお伝えしておりますが、

これからの家づくりに必須なもの…『全館空調』。

家にも住む人にも優しい冷暖房設備。

国もどんどん推してきておりますね📰


私たちは“マッハシステム”という全館空調を当初よりお勧めしております。

昨今、他住宅メーカーさんも今年に入り“全館空調”力を入れ始めました🏠

きたきた!という感じ^^

日本アクア、第3種換気の全館集中冷暖房「風運時」新発売 | 住宅・不動産ニュース:新製品:新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)

 硬質ウレタンフォーム断熱材メーカーの日本アクア(東京都港区)は、低価格で住宅全体の集中冷暖房を実現する24時間空調システム「風運時」を6月4日より発売を開始した。 このシステムは日本住環境との共同で開発したもので、小屋裏空間に1坪の大きさの蓄熱室を設け、ここに日立製のエアコンで加熱(冷却)した空気をため込み、送風機(ファン)で各部屋に送り込むことで家中を一定の温度に保つことができる仕組み。 断熱・気密性能の高い同社の発泡断熱材「アクアフォーム」と省エネ・メンテナンス性に優れた日本住環境のダクト式第3種システム「ルフロ400」を組み合わせることで、最小限のエネルギーで家中ムラのない室内環境が24時間保て、さらに「ライフサイクルコストを極限にまで落とせる空調システム」(同社)が実現する。 住宅1軒当たりのイニシャルコストでも、エアコンを含めたパッケージ価格が約90万円。 同社では断熱材工事の完了時に無償で抜き打ちの完了検査を実施しており、「風運時」の導入によって発泡断熱材の利用が広まるものと期待している。 「風運時システム」の構成イメージ図。たった1台のエアコンで家全体の均一な室温を実現する10年保証の空調システム。第3種換気システムと硬質ウレタンフォーム断熱材による断熱・気密性能の高さでイニシャルコスト、ランニングコストとも最適化を実現した

新建ハウジングDIGITAL

全館空調が増えるのは良いこと

ヒノキヤグループ、全国の工務店に「Z空調」販売へ 11月から | 住宅・不動産ニュース:企業・団体:新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)

新会社の社長に就任した荒木社長 ヒノキヤグループ(東京都千代田区)は8月31日、これまでヒノキヤブランドの住宅で販売してきた冷暖房システム「Z空調」を11月から全国の工務店に向けても販売すると発表した。 販売にあたり、販売元として同社100%株主の新会社「日本ハウジングソリューション」(東京都文京区)を設立、総特約店の日本アクア(東京都港区)から建材店などの販売店を通じて、全国の工務店(北海道・沖縄県を除く)に流通させる。施工は、日本ハウジングソリューションが認定した認定施工店が行う。 Z空調の累計搭載数は2016年12月の販売開始から2018年7月末時点で4500棟を超える。CM効果もあり順調に受注を伸ばし、同社グループのZ空調搭載率は今年1月~6月の実績で86%となっている。日本ハウジングソリューションの新社長に就任した荒木伸介氏は、Z空調の外販を決めた理由として、エンドユーザーや工務店からの要望が強かったことと、これまでの施工実績から設計ルールが確立し、営業・販売ノウハウも蓄積。また、全国のFC加盟店への販売で受発注業務のフローが確立でき、販売体制が整ったことなどを挙げた。 販売価格は、材工で130万円(40坪2階建ての基本プラン)。アクアフォーム断熱材の施工が必須。このためまずは、現在アクアフォームを採用している工務店を中心に拡販していくという。その後、販路を拡大し、グループ全体および工務店販売で2020年に年間1万棟の受注を目指す。 10月からは全国の工務店に向けて販売説明会を実施する。

新建ハウジングDIGITAL

あとは比較して

間違いない選択を!

私はこちらをお勧め☟



花住ホーム岩手南

家造りをお考えの方に花住ホーム岩手南店の住宅ラインアップ🏠 煉瓦積みの家(brick) casa all ☞casaシリーズ全ての住宅ラインアップ 自分サイズの家COZY ワンズキューボ 全館空調マッハシステム

0コメント

  • 1000 / 1000