煉瓦_地鎮祭㊗

盛岡の山岸にて

S様の煉瓦積みの家🏠地鎮祭を行いました㊗🌸

盛岡でのマッハシステムの家の見学会での出会いから、今思えばあっというまの地鎮祭ですね😊

寒さが厳しかった日ですが、

お家が完成すれば『あったか~い』赤煉瓦のお家で快適に過ごせますよ💓

お子様も参加され👪家族のために頑張るお父さんの背中が大きく見えました👀

来年春が楽しみです😄

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀


㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇㊗🎆㊗🎇

☆完成見学会予定☆

煉瓦積みの家+全館空調マッハシステム+ヨーロッパ漆喰の家

12月23・24日(土日)

花巻市若葉町にて開催されます🌸

お楽しみください^^

🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠

【煉瓦建築の歴史】

 煉瓦(れんが)造りの建物を前にすると誰しもが抱く感情はロマンティックな気持ちや落ち着くような安心感を覚え、モダンでいて優雅な気品さえ感じさせてくれます。 

理屈抜きで本能的に良い建物を直感させる不思議な魅力が煉瓦積みの家にはあります。

それは、煉瓦が持つ独特の色彩や質感、風合いがそう感じさせるとともに培われてきた歴史や実績がわたしたちに、それこそ無条件に「良い!!」とかんじさせるのでしょう。そうでなければ歴史的な建物でもない新築の煉瓦造りの建物からも同様の風格やロマンを感じさせることの説明がつきません。そんな不思議な魅力を持つ煉瓦は理想的な建築材料です。  

その煉瓦は、建築材料として使用されたのはメソポタミア文明の時代からであり、チグリス川・ユーフラテス川にわたる広い範囲で煉瓦建築が発展していきました。古代以エジプトでも、古代ギリシャ・ローマでも、都市の建築には煉瓦がふんだんに大型建築物の外壁の仕上げに使われるようになりました。当時の煉瓦は、現在世界中で使われているのとほとんど変わらない形状・サイズだったと言われています。ヨーロッパでは、中世~近代にいたるまで、その伝統が継承されてゆきます。煉瓦文化は、やがてアジア諸国にも広まっていき、中国の万里の長城をはじめとする歴史建築物の多くが煉瓦で築かれ、今も堂々たる風格と建築美を私たちに見せてくれます。 

日本では煉瓦建築の歴史は幕末時代までさかのぼり、明治中期頃には一般的な技術になりました。代表的な煉瓦建築は北海道庁舎・東京駅・赤坂離宮・法務省・横浜赤レンガ倉庫・神戸文学館・岩手銀行中ノ橋支店などがあげられます。  

このように歴史ある煉瓦は、人も落ち着かせる癒しの空間を構成するにも、風雨にも負けず震災にも強い安心・安全な空間を作るにも、夏涼しく冬暖かい快適な空間にするにも、メンテナンスフリーの外装材としても、煉瓦は優れた力を発揮し100年以上受け継がれる建物になるのです。  

brick & casa & COZY by 花住ホーム 岩手南

家造りをお考えの方に花住ホームの住宅ラインアップ🏠 煉瓦積みの家(brick) casa amare casa carina casa cube casa skip casa rozzo casa piatto 自分サイズの家COZY 全館空調マッハシステム

0コメント

  • 1000 / 1000