風格ある煉瓦積みの家_完成見学会のお知らせ📯

 📣『煉瓦積みの家_平屋建て_完成見学会』in矢巾🎉 

🗣煉瓦&エアコン1台マッハシステム&ヨーロッパ漆喰✨

 📣10月7・8・9日の3日間🎉  

⏰10時~17時 

会場は、紫波郡矢巾町太田になります。

 https://goo.gl/maps/pp4nC1WnN482 

※迷ったら又は上記以外の日程で見学希望の方は📲090-4886-8811まで 


「歴史に育まれた煉瓦建築」 

美しさと堅牢さを兼ね備え、世界中の人々に愛され続けた煉瓦。 テラコッタ煉瓦を職人が1個1個積み上げて築き上げ、地震にも強い本物の煉瓦積みの住まいです。   

10/6日の岩手日報朝刊にも掲載されます📰 


-煉瓦建築の歴史- 

煉瓦(れんが)造りの建物を前にすると誰しもが抱く感情はロマンティックな気持ちや落ち着くような安心感を覚えます。モダンでいて優雅な気品さえ感じさせてくれます。

 理屈抜きで本能的に良い建物を直感させる不思議な魅力が煉瓦積みの家にはあります。それは、煉瓦が持つ独特の色彩や質感、風合いがそう感じさせるとともに培われてきた歴史や実績がわたしたちに、それこそ無条件に「良い!!」とかんじさせるのでしょう。そうでなければ歴史的な建物でもない新築の煉瓦造りの建物からも同様の風格やロマンを感じさせることの説明がつきません。

そんな不思議な魅力を持つ煉瓦は理想的な建築材料です。 その煉瓦は、建築材料として使用されたのはメソポタミア文明の時代からであり、チグリス川・ユーフラテス川にわたる広い範囲で煉瓦建築が発展していきました。古代以エジプトでも、古代ギリシャ・ローマでも、都市の建築には煉瓦がふんだんに大型建築物の外壁の仕上げに使われるようになりました。当時の煉瓦は、現在世界中で使われているのとほとんど変わらない形状・サイズだったと言われています。ヨーロッパでは、中世~近代にいたるまで、その伝統が継承されてゆきます。

煉瓦文化は、やがてアジア諸国にも広まっていき、中国の万里の長城をはじめとする歴史建築物の多くが煉瓦で築かれ、今も堂々たる風格と建築美を私たちに見せてくれます。 日本では煉瓦建築の歴史は幕末時代までさかのぼり、明治中期頃には一般的な技術になりました。代表的な煉瓦建築は北海道庁舎・東京駅・赤坂離宮・法務省・横浜赤レンガ倉庫・神戸文学館・岩手銀行中ノ橋支店などがあげられます。 


このように歴史ある煉瓦は、人も落ち着かせる癒しの空間を構成するにも、風雨にも負けず震災にも強い安心・安全な空間を作るにも、夏涼しく冬暖かい快適な空間にするにも、メンテナンスフリーの外装材としても、煉瓦は優れた力を発揮し100年以上受け継がれる建物になるのです。 





 😊ご興味ある方は下記までお問合せ・資料請求をしてください。 

 📞お問い合わせ・資料請求📲  

花住ホーム株式会社 奥州市水沢区八反町55-6(ファッションセンターしまむら向かい) 

☎️0197-47-4451 

 📧uwabe@cho-ju-ie.co.jp  

 https://hanajyuhome-brick-casa.amebaownd.com/

brick & casa & cozy by 花住ホーム 岩手南

家造りをお考えの方に花住ホーム岩手南店の住宅ラインアップ🏠 煉瓦積みの家(brick) casa all ☞casaシリーズ全ての住宅ラインアップ 自分サイズの家COZY ワンズキューボ 全館空調マッハシステム

0コメント

  • 1000 / 1000